社長メッセージ

伝統を継続するとともに新しい芽を生み出し育むこと

 小津産業は、1653年(承応2年)の創業以来、時代時代のニーズに即した製品を提供してまいりました。この業暦を誇りに思い、大切にしながらも「伝統、それは継続的な開拓の歴史である」とわたしたちは認識しております。

 和紙を祖業とする小津産業が家庭紙や不織布(ふしょくふ)を扱い、グローバルビジネスを展開する一方、さらなる新しい事業に挑戦し続けるのは、市場や消費者ニーズの変化に対応したサービスと高付加価値商品の提供を第一に考えているからです。

 わたしたちが生み出す付加価値は、伝統と革新の融合によって生まれます。

 故(ふる)きを温(たず)ね、新しきを知る―

 温故知新の精神を具現化し続けることで、お客様に安心感を提供し、更なる高みを目指していくことが出来ると考えています。

 企業としての意義をさらに高め、社会と日本文化の発展に貢献できるよう努力邁進してまいります。 どうぞ、尚一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 今枝 英治